フエフキトビ

img

フエフキトビ

ニューカレドニアでは一対または群れをなして、水辺に棲み、縄張りがあって、その中で獲物を捕獲している。死んだ動物、魚、は虫類、昆虫などを食べる。巣は枝を材料にし、毎年使われ、木の10mから20mの高さに作られている。雌は雄より大きく、2個時折3個卵を産む。最初の卵が無くなった場合はもう一度産卵することが出来る。